福祉ラッパーLot FALCON(ロット・ファルコン)プロデュース!
Facility 施設
Updated 2016.07.21(木)

障がい者福祉の殻をやぶる!「生き方は、ひとつじゃないぜ。」京都にあるNPO法人スウィングの生き方がカッコいい。

 

 

NPO Swing

生き方は、ひとつじゃないぜ。

 

http://www.swing-npo.com/common_images/bg_header.jpg

 

 

Enjoy! Open!! Swing!!!

2006年に京都府京都市北区上賀茂南大路町で立ち上がったNPO法人スウィング

 

NPOとはそもそも何か?

NPOとは市民が自発的に社会をより良くするために活動する、営利を目的としない市民団体のことである。

 

市民という言葉に=障がいも健常もひとくくりになっている。つまり、障がい有る無しを越えた『一市民』として『障がい者福祉』の殻をやぶり、世の中が今よりもほんの少しでも楽しいコトになればと願い活動を続けるNPO法人スウィング。

 

 

【基本方針】

●「ただ在ること」の価値を認め合いながら、それぞれに
形の違う自立性を尊重し、足りないところは助け合う、
小さな「共助」社会づくりを実践し、発信します。

●人の「働き」を「人や社会に働きかけること」と捉え、
「お金」だけにこだわらない、多様な「働き」の形を
創造・実践・発信します。

●狭い「障害福祉」の枠を超えた「一市民」
「NPO(=市民団体)」としての活動を通して、障害の
ある人への様々な偏見をオモシロ・オカシク打ち破ります。

NPO法人スウィングは、障害者総合支援法に基づく障害福祉サービス事業を行っている。

 

生活介護事業って障がい者福祉で良く耳にするけど、いったいどのようなところなのか?

障がい者支援施設などで、常に介護を必要とする方に対して、主に昼間において、入浴・排せつ・食事等の介護、調理・洗濯・掃除等の家事、生活等に関する相 談・助言その他の必要な日常生活上の支援、創作的活動・生産活動の機会の提供のほか、身体機能や生活能力の向上のために必要な援助を行います。このサービスでは、自立の促進、生活の改善、身体機能の維持向上を目的として通所により様々なサービスを提供し、障がいのある方の社会参加と福祉の増進を支援します。

 

 

生活介護の中でもどのような活動をしているのか?

 

We enjoy HyoGen!! オレたちひょうげん族

芸術創作活動「オレたちひょうげん族」

 

「オレたちひょうげん族」は2008年より本格的にスタートした絵・詩・ものづくりの芸術創作活動。もちろんこのネーミングは往年の名番組、「オレたちひょうきん族」に着想を得たもの。最近では、ひょうげん=HyoGen の“H”と“G”をとって「HG(エイチジー)」と呼んだりもしています。作品・グッズ・その他もろもろを通じて、人と・社会と・繋がる、繋がる。展覧会 の開催やオリジナルグッズの製作・販売など、さまざまな形で人へ社会へ発信しています。We enjoy HyoGen!!

 

 

清掃活動「ゴミコロリ」

月に1度(毎月第3水曜日)町に現れるヤバい奴ら!!

人の“働き”。~それは対価の有無を問わず、障害の有無を問わず、人や社会に“働きかけること”~ そんな風に考えてみてはどうだろうか。 うむ、いいぞいいぞ。なんかそれっぽいぞ。 「一市民」として、「NPO」として、社会をほんのちょっとでもオモシロくしたいと願うスウィングが提案するさまざまな“働き”の総称、それが「OYSS!」です!

2008年10月よりスタート。 “美しい京都をより美しく”を合言葉に、

雪の舞い散るさっぶいさっぶい冬の日も、頭フラつくあっづいあっづい夏の日も、京都・上賀茂地域を中心に、やって 楽しく、見てオモシロく、月に1度(毎月第3水曜日)のゴミ退治を繰り広げています。ゴミが多ければ「一体どうなってるんだ!?」と憂き世を嘆き、ゴミが 少なければ「拾うもん無いやんけ!」と理不尽に毒づき、どっちにしたって元気ハツラツぶーたれながら、この世にゴミがある限り、我らゴミコロレンジャーの 戦いはまだまだまだまだ続きます!

動画はコチラ

 

 

生活介護事業の他にも『就労継続支援B型事業』も行うNPO法人スウィング。

 

就労継続支援B型事業とはどのようなところだろうか?

障がい者福祉 通常の事業所に雇用されることが困難な就労経験のある障がいのある方に対し、生産活動などの機会の提供、知識および能力の向上のために必要な訓練などを行うサービス。 このサービスを通じて生産活動や就労に必要な知識や能力が高まった方は、就労継続支援(A)や一般就労への移行を目指すということです。お解りいただけただろうか?

 

THE CLEANGERS(各種清掃業務)

THE CLEANGERS(ザ・クレンジャーズ)

「THE CLEANGERS」(ザ・クレンジャーズ)とは、自分の部屋とかはほったらかしだけれど、仕事でピカピカにするのは大好き~♡なメンバーたちによって結 成されたクリーニング部隊のこと。リフレッシュ?やりがい?充実感?ま、なんだっていいや。ワテら、ピカピカ好っきゃねん!かのオノ・ヨーコが「掃除をし なさい」と言ったように、ピカピカにすることには対価以上の「何か」があるようです。我らクレンジャーズ。今日もいい汗かきながら、あらゆる汚れを落とし まくります!なぜか自分の部屋だけは見て見ぬふりしながら…

 

shiki OLIOLI(紙器加工)

福祉業界ではメジャーなお仕事?!

shiki OLIOLI(しき おりおり)

「箱折り」と呼ばれる紙箱を組み立てる仕事のことですが、この紙箱のことをちょっと洒落て言う場合、「紙器(しき)」と言うのです。というわけでスウィングでは和菓子などが入る様々な種類のshikiを職人級の技を持った精鋭たちが、日々OLIOLIしています。「箱折り」は全国のいろいろな福祉施設で取 り組まれているこの業界ではメジャーなお仕事のひとつ。ですが、脱・下請の機運が高まりつつある近年、辞めてしまう施設さんも多いようですね。

オリジナルグッズの製作・販売

オリジナルグッズの製作・販売
「オレたちひょうげん族」から生まれた「作品」が、あれあれ?ポップで愉快な「グッズ」にドロン!しました。唯一無二、世界に2つと ないグッズの数々を全国各地の雑貨店等でぜひお買い求めください。また、イベント等での出展販売もエイコラやっておりますので、Facebookやブログ での最新情報をぜひぜひチェックしてください。

⬇⬇⬇⬇⬇⬇

NPO法人スウィングオンラインショップはこちらからアクセス!

NPO法人スウィングでは賛助会員も大募集中です!

賛助会員って何?

自分が趣旨に賛同したものに対して「会費を払う」ことを通して活動や運営を応援するのが「賛助会員」です。 基本的には、こちらが持ち出しです。

スウィング賛助会員を募集しております!

スウィングはほんの少しでもいい、社会をオモシロく変えてゆきたいと願い、
「一市民」「NPO」というスタンスに立脚した、「障害福祉」の枠に
捉われない事業活動を展開・発信しています。
そんなスウィングのサポーター(賛助会員)となってくださる方々を大募集しております!!

[ 賛助会員ってなんなん? ]

会費というカタチを通じて、スウィングの事業活動をサポートしてください!全国津々浦々、2016年7月現在、215名にご入会いただいております。会費は主にフリーペーパー「Swinging」(年2回発行)の制作・発行費用として使わせていただきます。 会費は以下の通りとなります。

(個人)年会費 一口 3,000円 /(団体)年会費 一口 10,000円

  • 賛助会員の皆さまには、フリーペーパー「Swinging」(年2回発行)をお届けします!
  • 会費を納入していただいた方には、スウィング「オレたちひょうげん族」発のオリジナルアートグッズを贈らせていただきます!
[ どうやって入ったらええのん? ]
  1. 賛助会員入会の旨と必要事項(ご氏名またはご社名/生年月日/性別/ご住所/TEL/MAIL)をMAILまたはFAXにてお知らせください。
    MAIL:swing.npo@gaia.eonet.ne.jp FAX:075-712-7930
  2. 年会費を下記の口座にお振り込みください!(この時点でご入会完了です。)
    京都中央信用金庫・賀茂支店 普通0788878 特定非営利活動法人スウィング
  3. 「領収証」とオリジナルアートグッズを送らせていただきます!
    オリジナルアートグッズ

スウィングが大事にしていること

  1. Enjoy! Open!! Swing!!!

    1.Enjoy! Open!! Swing!!!

    これはスウィングの理念である。とっても大事なんである。僕らは痛いほど経験したのだ。楽しまず、外に開かず、変化を拒み続けたら一体どうなるのか?…を。楽しむこと・開くこと・揺れること。これは僕らの意志や希望や決意であると同時に、ほとんど“義務”である。

  2. 「障害福祉」の枠を超える

    2.「障害福祉」の枠を超える

    なんとなくあるでしょう?「福祉」のイメージってやつが。なんか暗い?なんかキラキラしてる?なんかダサい?なんかイイことしてそう?愛は地球を救う?“はあと”って言い過ぎ?“障害者”は可哀そうな人?ピュアな人?危ない人?…ていうか、全然よく分からない?まだまだ満ち溢れる偏見の数々。だってみんな知らないから。だって僕らちゃんと知らせてきてないから。社会の側ばかりに責任を求めるのはお手軽、ハイ簡単。僕らは狭い「障害福祉」の枠を超え、行動と発信を積み重ねてゆく。ゆく。ゆく。

  3. 「働き」の形はひとつではない

    3.「働き」の形はひとつではない

    お金を稼ぐことだけが「働き」なのだろうか?お金をより多く得るためだけに人は働かなければならないのだろうか?お金を稼くことができない人はこの社会に必要の無い人なのだろうか?…んなわけあるかい!お金には代えられない、お金でははかれない「働き」が、世の中にはたっくさんあるはず。お金は大事。でも、きっとそれだけじゃない。お金はとっても大事、でもやっぱりそれだけじゃない。

  4. ユーモアとダサさ

    4.ユーモアとダサさ

    毎日や人生なんて、そんなオモシロいことばかりなわけがない。だからユーモアを持とう。つまらない毎日をできるだけ愉快に過ごすために。いい事ばかりじゃない人生を笑って生き延びてゆくために。シャレオツな美容室にはなんか緊張して入りにくいよね。自分にちょっと負荷かかっちゃうよね。だから禿げ散らかしたおっさんがやってるダサい散髪屋に行こう。ジャージか部屋着のままで。くしゃくしゃの髪のままで。ありのままの自分で。ユーモアとダサさ。それは安心・安全、2つの大きな「入口」なのだ。

  5. 「真ん中」を行く。

    5.「真ん中」を行く。

    ちゅう-よう 【中庸】[名・形動]
    1 かたよることなく、常に変わらないこと。過不足がなく調和がとれていること。また、そのさま。「―を得た意見」「―な(の)精神」
    2 アリストテレスの倫理学で、徳の中心になる概念。過大と過小の両極端を悪徳とし、徳は正しい中間(中庸)を発見してこれを選ぶことにあるとした。なんだか、かんだか。世界は「偏り」に溢れ、著しくバランスを欠いているように見える。偏ってないぶって、バランス取れてるぶっているように見える。(取れてるぶっている?)どちらかに振り切るのは割に簡単。僕らは堂々と「真ん中」を行きたいのだ。お金とお金じゃはかれないこと。理想と現実。シャレオツさとダサさ。ゆるさと強さ。真面目と不真面目。内側と外側。アナタとワタシ。そんなに世の中甘くないって、そんなこたあ百も承知さ。百も承知でやってやるのさ、僕たちにしか出来ないやり方を。僕たちだから出来 るやり方を。「真ん中」を、ド「真ん中」を、潔く、オモシロオカシク、注意深く。その先にきっと、失くしちゃいけない大事なモノがあると、強く固く、信じ たり信じなかったりしながら。

NPOスウィング理事長の手掛ける本がジワジワきてる。
NPOスウィング理事長 木ノ戸昌幸氏

とても面白い内容で、読まないと今後福祉は語れないと思いました(大げさ)。詳しくはNPO法人スウィングまで。

 

アクセスはコチラ

NPO法人スウィング

〒603-8074
京都府京都市北区上賀茂南大路町19番地
(天下一品本部事務所敷地内)

※ 当事業所は天下一品様のご厚意により、
無償でご提供いただいております。

TEL/FAX:075-712-7930
MAIL:swing.npo@gaia.eonet.ne.jp

京都市バス4系統・46系統ほか→
「上賀茂神社前」バス停下車。徒歩5分。
※ 所在地前の通りは北行一方通行になります。
ご注意下さい。
※ できるだけ公共の交通機関をご利用下さい。

 

アクセスマップ



是非いいね!ツイートご協力お願いします!!
Lot FALCON
編集者
Lot FALCON
福祉ラッパー Lot FALCON (ロット・ファルコン)
twitter facebook instagram tumblr
福祉発信レーベルLimited Life Action《リミテッド・ライフ・アクション》